MENUは最下部にあります

GEORGE COX・ジョージコックス ラバーソールの修理ついて

●当初はGEORGE COX SHOPでご購入されたお客様へのアフターフォローとしまして、 ラバーソールの張替えがどうにかできないかと考えたところが始まりです。
そのことを頭に入れ、考え続けて試行錯誤していき、やっとソール張替えができるようになりました。 それも長年、日本でGEORGE COX を販売し色んな経験から成し得た成果だと思います。 材料もイギリスのGEORGE COXより仕入れており、ソール張替えには当店が長年信頼のおける日本の職人様にお願いしております。

※当店ができるのはジョージコックスのブローセルクリーパー「ラバーソール」 (品番3588・DACE・13327等の一般的なラバーソール)の張替え修理です。
張替え可能なソールは、Ⅴ番(5番)ソール・Ⅵ番(6番)ソールです。
張替えを希望の方は下記の説明をお読み頂きまして、お問合せフォームよりご連絡ください
※張替えは両足セットのオールソール張替えのみとなっております。
エアーソールのソール張替えはやっておりません。

<注意!>ウェルト部分が極端に変形、または削れていたり、 破損している場合はソール張替えができませんのでご注意下さい!

GEORGE COX製のラバーソール以外につきましては修理を行っておりません。
※GEORGECOXとブランドのコラボアイテム、ROBOTのラバーソールも張替えいたしておりますが、 モデルや状態、ソールの種類によってはできない場合がございますので 修理をご希望の方はお問合せフォームよりお問合せください。

ソール張替え修理の時期のは人それぞれですが上の画像のようにソール部分がすり減っていたり、 劣化してひび割れ等やつなぎ目から、はがれてきている状態や中の白い部分がかなり見えてきたら、 当店では修理をおすすめしております。
※ダメージがひどい状態で、 そのまま履き続けるとウェルトを傷つけてしまい修理できなくなる可能性が高くなりますので修理のご検討はお早めに!

2種類の中からお選びいただけます!

当店の商品では品番13327などのハイカットクリーパーにも使用される足の返りが良いⅥ番より 少し薄いラバーソールの厚さである。

定番である品番3588などのローカットクリーパーに良く使用されている一般的なラバーソールの厚さである。

3種類の中からお選びいただけます!

※マットガードとは、ソールの外側に巻いてあるゴムのことです


●ブラックのノーマルタイプ 当店でもっともラバーソールの張替え依頼の多いのがこちら。飽きのこないノーマルタイプは定番3588などにも使われています。


●縦筋が入ったタイプ コアなファンの方は、昔のロックミュージシャンが縦筋の入ったラバーソールを履いている写真などを見てこちらを選ぶことも! イメージチェンジにもおすすめです。


●ホワイトのノーマルタイプ (色味は薄い肌色といった感じ) ※ブラックソールからホワイトソールに張り替える場合はウェルトの色とのバランスがあるのでよくお考えください。

●リップルソールの修理も可能ですが 最初からリップルソールが付いているモデルに限ります。
※当店ではラバーソールからリップルソールへのソール張替えは行っておりませんのでご了承ください。 ☆リップルソールも張替え料金は16,000円(税込)

リーパーソール張替えの場合、ソールの裏は全てこのような感じになります。
マットガード(外の巻きゴム)以外はホワイトソールになります

¥17,280(税込)
¥16,000(税抜)

¥18,000(税込)
¥16,667(税抜)

修理お預かり期間は約2週間~1ヶ月ほどです。
(運送にかかる日数を除く)

※お客様によって納期を早めることはできません。修理のご依頼が増えますと混み合いますので納期が遅れます。 必ず余裕をもってご依頼ください!

ソールの張替えをご希望の方は必ず上の「修理を依頼する」ボタンより必要事項をご入力の上、ご依頼ください。 その際、ご希望の「ソールの厚さ(Ⅴ番かⅥ番)」と「マッドガードの種類」もお教えください。
※店休日を除き、1日~2日でご返信させていただきますが、もしメールが来ない場合はアドレスに不備があるか、メールが跳ね返っている場合がございますのでその際は、お手数ですがお電話頂けます様お願いします。

GEORGE COX SHOP
〒810-0041福岡県福岡市中央区大名1丁目14-14立花ビル1F
TEL:092-714-3588
【営業時間】 12:00~19:00
※申し訳ありませんが水曜日は定休日ですので電話がとれません。