MENUは最下部にあります

ラバーソール40年の歴史

日本でラバーソールと呼ばれている分厚いゴム底の靴は、正しくはブローセル・クリーバーズと云います。
ジョージ・コックス社を代表する商品なのですが、ジョージ・コックス社の創業が1906年でありラバーソールの誕生が1949年で あることを考えると、ラバーソール以前の歴史も40年以上ありその確かな技術力を基にラバーソールが造りだされていった事が分かると思います。

なぜラバーソール?

では、ラバーソールは何の為に造り出されていったのでしょうか。 他の靴たとえば、レッドウイングのアイリッシュセッターは、ハンティングの為又、ダナーのダナーライトは、 アウトドア用シューズとして、又、各種スニーカーも本来それぞれの競技の為の靴として、目的を持って造り出されています。 しかし、ジョージ・コックスには、何の目的があってあの様な型になったのでしょうか。

ロックやパンク、ロカビリーの精神

元々、ラバーソールは、キングス・ロードのショップ「ROBOT」(注1)の物が、最も有名なのですが、一説には、 ロイドジョンソンの店「ジョンソンズ」の別注から始まったとも云われています。 又、ラバーソールの別称として、ビートルクラッシャーとも呼ばれる事から考えると、 農園等で害虫を踏み潰していた作業靴が原型なのかもしれません。 しかし、由来はいずれにしても、当時の若者たちが規制のルールにとらわれない、 自らが創り出していった文化テディボーイから発生してきた物で、その使用目的は自己表現そのものなのです。 言い換えれば、ロックやパンク、ロカビリーの精神が、靴の型になって表現されたもの、 それがジョージコックス社のラバーソールなのです。 それゆえに、ピストルズやクラッシュ、ストレイキャッツなどが名を連ねているのです。 そのパワーは、あのヴィヴィアン・ウエストウッドまでもが、 キングスロードの自身の店でラバーソールを販売していたことからもうかがい知ることができます。

自信と誇り

もし、このホームページを見て、ラバーソールを買いたいと思ってくれた諸君がいたならばラバーソールにはかれることなく、 自信と誇りを持って、自分の分身となるラバーソールを選んでいただきたいと思っています。